講座・講師紹介

英語
国語
数学
理科
社会

フリックで次の記事に移ります
東大特進英語

【90分×2回+実戦テスト演習:(テスト50分+解説授業90分)×4回】


英文ライティング集中講座

英文を書くことは日本語を訳すことではない。英語表現の型と言い回しを1日で集中講義します。


主な学習項目
  • A. 7 Things to Keep in Mind
  • B. 60 Everyday Expressions
  • C. 32 Proverbs
  • D. 50 Topics & Sample Answers

  • 東大特進英語 宮崎 尊
    講師からの一言
    「研究によると~ということだ」はAccording to a study......, it is said that......ではなくA study shows that......「世の中の動き」はmovement of the worldではなくwhat's going on in the world.「その考えはちょっと、いかがなものか」はI'm wondering if it's a good idea.ではなくI don't think it's a good idea.最初から英語の言い回しで言うことが大事です。
    時間割

    大阪会場
    (1)05/12(日)10:00~11:30
    (2)05/12(日)11:50~13:20
    御茶ノ水会場
    (1)05/18(土)16:00~17:30
    (2)05/18(土)17:50~19:20
    (3)06/08(土)15:00~15:50
    (4)06/08(土)16:00~17:30
    (5)06/08(土)17:40~18:30
    (6)06/08(土)18:40~20:10
    (7)06/22(土)15:00~15:50
    (8)06/22(土)16:00~17:30
    (9)06/22(土)17:40~18:30
    (10)06/22(土)18:40~20:10
    名古屋会場
    (1)06/02(日)10:00~11:30
    (2)06/02(日)11:50~13:20
    東大英語~構文編~

    【90分×10回】


    構文知識は早めの対策!

    構文の知識を使って解ける問題は易しいことが多い。だから構文が苦手なのはもったいない!早めの対策をしておこう!


    主な学習項目
  • 和訳問題や正誤問題を解凍するのに必要な構文把握の力を演習問題を解いてもらいながら身につける。有名構文から東大で問われやすい難しくないはずなのに難しい問題まで幅広く学習する。英文和訳問題だけではなく、和文英訳問題、語句整序問題、正誤問題も扱う。

  • 東大英語~構文編~ 森田 鉄也
    講師からの一言
    他の生徒と解答を比べたり添削を通して、独学では気が付かなかった発見が必ずあるはずである。また構文の学習に使う英文を通し、英語の知識だけではなく入試に役立つ背景知識も提供する。
    時間割
    渋谷会場
    (1)05/21(火)17:30~19:00
    (2)05/21(火)19:20~20:50
    (3)05/28(火)17:30~19:00
    (4)05/28(火)19:20~20:50
    (5)06/04(火)17:30~19:00
    (6)06/04(火)19:20~20:50
    (7)06/11(火)17:30~19:00
    (8)06/11(火)19:20~20:50
    (9)06/18(火)17:30~19:00
    (10)06/18(火)19:20~20:50
    東大古文

    【90分×2回】


    step3 各時代範型の理解

    現代語訳ができてもその内容が理解できないのはどうしてでしょうか? それは各時代範型が理解できていないからです。各時代の人生儀礼や社会階層等の歴史的構造など古文の必須知識を解説しましょう。


    主な学習項目
  • 1. 官職と位階
  • 2. 家族の構造
  • 3.「 乳母」というシステム
  • 4. なぜ「出家」したいのか?

  • 東大古文 栗原 隆
    講師からの一言
    「文法」を一通り理解して、「単語集」を丸暗記すれば「古文」が読めると誤解している方がいます。また、現代語訳の問題で意味不明な答案を書く方が少なからずいます。これらは、出題者の意図を理解できていないから起こる現象でしょう。本文に内包されている情報が読み取れなくては、適切な答案は作れません。今回は、知らなくてはいけない古文の「文化史的知識」を講義します。「古文」とは、「日本語の歴史」であると同時に「日本文化の歴史」でもあるのです。
    時間割

    渋谷会場
    (1)06/23(日)14:20~15:50
    (2)06/23(日)16:10~17:40
    (3)06/23(日)17:50~18:20
    東大現代文

    【90分×2回】


    構造理解力の深化を図り、現時点での対応力を確認するための一講

    春期から少し時間が開いた今、「典型問題」を用いて解法と現状における現代文の「力」を確認するとともに、今後の飛躍のために、あえて現代文という科目の根本に立ち返るべく、かつてない手法での学習も併用します。とにかく徹底的に予習したうえで、受講して下さい。


    主な学習項目
  • 1. 実験的手法による、現代文の構造的理解の再確認
  • 2.「 典型問題」を用いた解法確認

  • 東大現代文 林 修
    講師からの一言
    従来通りの過去問主義に則ったごく「普通」の演習を行うと同時に、かつてない斬新な手法を用いて皆さんの現代文理解の根底からの深化を図ります。ここでは詳しくは述べませんが、テキストが届いたら、時間をたっぷりかけて「完璧な」予習を行ったうえで授業に参加してください。とにかく「完璧な」予習が大前提の授業です。
    時間割

    御茶ノ水会場
    (1)05/12(日)10:00~11:30
    (2)05/12(日)11:50~13:20
    大阪会場
    (1)05/19(日)14:20~15:50
    (2)05/19(日)16:10~17:40
    名古屋会場
    (1)06/23(日)14:20~15:50
    (2)06/23(日)16:10~17:40
    ナガセ西新宿ビル会場
    (1)06/30(日)14:20~15:50
    (2)06/30(日)16:10~17:40
    トップレベル数学マスタークラス(理系)

    【90分×2回】


    数学の本質を発見する研究的講義

     数学本来の学び方を探求していくコース。本当の所数学とはどんな学問であるのかが、良く分からないままに学習を進めている人が多い。勉強すればする程、その印象が変わっていく数学の世界を案内することがこの講座のテーマである。


    主な学習項目
  • 数学不特定分野

  • トップレベル数学マスタークラス(理系) 宮嶋 俊和
    講師からの一言
    このコースは、単に数学をマスターするためのコースではありません。「マスター」とは、ここでは最高のものを研究するという意味があります。そして数学の学習においては、時間をたっぷり使って考え続けることの大切さを、このコースで伝えていきます。たとえある問題を見たとき、そこですぐに解き方が分かったとしても、それは、これまでに十分な位に数学の問題を考え抜いてきた成果であったことを忘れないでほしい。そしてまた、数学においては、どんどん深く考えていくということが、数学に対する興味を増大させることになる。これこそ数学を学ぶ過程でとても重要なポイントになるのではないだろうか。このコースでも、数学を学ぶ楽しさをいっぱい伝えていきたい。
    数学の真髄

    【90分×6回】


    「確率」を極める

    東大対策としての確率を完成させるために、①数列の漸化式、②数列の和、の本質を確認し、東大頻出の③二項定理、④確率、を完成しよう。


    主な学習項目
  • 漸化式と特殊解
  • 和分と差分
  • 二項定理
  • 確率

  • 数学の真髄 青木純二
    講師からの一言
    たとえ東大レベルでも、確率に難問はありません。難問に見えても、難しいのは確率以外の部分です。ですから、「確率は苦手だ」というのは「確率を知らない」ということです。まずは基本を正しく知り、そのあと半年かけて難問まで解けるようになれば良いのです。基本を疎かにしたまま問題ばかり解いていても、成功はあり得ません。
    時間割

    御茶ノ水会場
    (1)05/24(金)18:30~20:00
    (2)05/31(金)18:30~20:00
    (3)06/07(金)18:30~20:00
    (4)06/14(金)18:30~20:00
    (5)06/21(金)18:30~20:00
    (6)06/28(金)18:30~20:00
    東大数学(文系)

    【90分×2回】


    分野別に攻略しよう

    東大レベルの難解な問題を分野ごと(もしくはテーマごと)に演習していきます。


    主な学習項目
  • 1. 集合と論証
  • 2. 数学Ⅰ・A総合演習

  • 東大数学(文系) 志田 晶
    講師からの一言
    前回の春の講座で、東大入試の特徴をつかめたとも思います。第Ⅱ期講座では、論証を中心とした数学Ⅰ・A分野を扱います(確率の難問は第Ⅲ期、整数の難問は第Ⅳ期で扱い、この2分野はこの第Ⅱ期では標準~やや難レベルの問題を扱います)。正しく議論できる力はⅠ・A/Ⅱ・B全分野で必要不可欠です。論証に不安のある人はぜひ参加してください。意欲ある諸君の参加を待ってます。
    時間割
    大阪会場
    (1)05/26(日)10:00~11:30
    (2)05/26(日)11:50~13:20
    東大数学

    【1日目文理共通:90分×2回、2日目理系:90分×2回】


    分野別に攻略しよう

    東大レベルの難関な問題を分野ごと(もしくはテーマごと)に、演習していきます。


    主な学習項目
  • 文系:1. 数列 2. 整数
  • 理系:1. 数列 2. 整数 3. 2次曲線 4. 極限

  • 東大数学 志田 晶
    講師からの一言
    前回の春の講座により、東大入試の特徴はだいぶつかめたと思います。今回からいよいよ分野別の対策に入ります。まず、最初は整数と数列の問題を扱います。とことん考えて考える力を鍛えよう!
    時間割
    名古屋会場
    (1)06/02(日)14:20~15:50
    (2)06/02(日)16:10~17:40
    (3)06/30(日)10:00~11:30
    (4)06/30(日)11:50~13:20
    東大数学特講(ⅠAⅡB)

    【講義50分+テスト100分+解説30分】


    発展的講義とテストゼミで構成。徹底的に実戦的な数学力を鍛える。

    数学ⅠAⅡB範囲を対象に発展的講義と、実戦形式のテストゼミ(100分)を行います。


    主な学習項目
  • 数学ⅠAⅡB全範囲(一部、数学Ⅲ範囲、高校範囲外)

  • 東大数学特講(ⅠAⅡB) 松田 聡平
    講師からの一言
    東大が求める高度な数学力をつけるには、1. 概念構築 (foundations)、2. 典型解法(techniques)、3. 解法運用 (applications)の3つのバランスが重要となります。 やみくもに“時間”を費やし“量”をこなす学習から脱却し、本質的な数学力を獲得しましょう。
    時間割
    渋谷会場
    (1)06/23(日)10:00~10:50
    (2)06/23(日)11:00~12:40
    (3)06/23(日)12:50~13:20
    東大特進理系数学

    【テスト150分+解説90分】


    自然に的確に解き進める力を付けていきましょう。

    5問120分の問題+80分の解説のオリジナル問題セットによる年間8回のテストゼミです。図形を見る眼を養う問題・できるだけ背景のある整数問題・処理力を養う微積分の問題・定番の確率の問題で発想と知恵と計算力を付けていきましょう。アカデミズム的な背景と素養も身に付くと思います。


    主な学習項目
  • 図形・整数・微積分・複素数・確率(年間を通したセット内容です)

  • 東大特進理系数学 本庄 隆
    講師からの一言
    苛立ちを抑え、試行錯誤の中で発想を整え、計算間違いを減らせる人が入試数学で成功します。端的で明快な解説を行い、採点とデータ・講評を付してお返しします。自然な思考と計算力を鍛える機会としましょう。
    時間割
    大阪会場
    (1)06/23(日)12:30~15:00
    (2)06/23(日)15:10~16:40
    東大化学

    【90分×6回】


    理論化学を完成に近づけよう

    化学の理論の4つの柱のうちの「構造の理論」、「状態の理論」、「溶液の理論」の3つの柱をこの時期に完成させておきましょう。難問が多く出題される分野なので、ハイレベルな内容となりますが、がんばってついてきてください。これらの分野で確実に得点できる力をつければ、東大の入試で高得点をとる展望が開けます。


    主な学習項目
  • <構造の理論> 1. 原子の構造、化学結合、分子間力 2. 結晶の構造と性質
  • <状態の理論> 1. 気体の法則 2. 状態変化
  • <溶液の理論> 1. 物質の溶解性 2. 希薄溶液の性質

  • 東大化学 大西 哲男
    講師からの一言
    各分野の東大レベルの基礎事項を抑えた上で、計算問題の解法を学習します。東大のこの分野の問題は、公式として知っているだけでは解けない問題が出題されます。きちんと体系化して理解しておく必要があります。難しい内容になるかもしれませんが、丁寧に説明するので、頑張ってついてきてください。
    時間割

    御茶ノ水会場
    (1)05/19(日)14:20~15:50
    (2)05/19(日)16:10~17:40
    (3)05/19(日)18:00~19:30
    (4)05/26(日)14:20~15:50
    (5)05/26(日)16:10~17:40
    (6)05/26(日)18:00~19:30
    東大生物

    【90分×2回】


    植物を中心とした学力の強化

    東大入試では3問中、1問は間違いなく植物関連の問題が出題されます。この講座では、光合成、窒素代謝、重複受精、植物ホルモン、花芽形成を中心とした問題を重点的に扱い、東大入試に必要な学力を強化します。


    主な学習項目
  • 主に、植物に関連した内容を扱います。

  • 東大生物 飯田高明
    講師からの一言
    植物については教科書では多くは扱われていませんが、東大入試では非常に重要な項目です。短期間でマスターできる内容なので、この機会に大筋は押さえてしまいましょう。
    東大物理

    【90分×3回】


    Newton力学の全て それは正しく運動方程式を書くことから始まる。

    古典物理学の因果律は運動方程式のみである。その内容を真に理解するためには、運動の原因となる「力」を正しく把握できるようにしなければならない。第Ⅰ期講座で訓練したこの内容を基礎に今回は束縛運動を扱う際の注意点にテーマを絞って講義したい。


    主な学習項目
  • 運動方程式と束縛条件及び慣性力について

  • 東大物理 苑田 尚之
    講師からの一言
    大学入学後の物理学を見据えてこの美しき学問と真正面から対峙してみよう。受講者の中から物理学を志す人や物理学に興味をもつ人が一人でも増えることを願って今年も授業を進めていきます。
    時間割
    御茶ノ水会場
    (1)05/12(日)14:20~15:50
    (2)05/12(日)16:10~17:40
    (3)05/12(日)18:00~19:30
    大阪会場
    (1)05/26(日)13:00~14:30
    (2)05/26(日)14:50~16:20
    (3)05/26(日)16:40~18:10
    渋谷会場
    (1)06/02(日)13:00~14:30
    (2)06/02(日)14:50~16:20
    (3)06/02(日)16:40~18:10
    東大化学特講

    【90分×3回】


    得点源となる有機化学をものにする

    東大前期化学第1問に必ず出題される有機化学は、苦手意識を持つ傾向にあるが、20程度のtoolを学ぶことにより、大きな得点源にすることを目標とする。


    主な学習項目
  • 20程度のtoolによる有機化学演習

  • 東大化学特講
    講師からの一言
    有機化学がまだ未整理な諸君も、この講座で自信がつくことを保証します。
    時間割
    大阪会場
    (1)06/30(日)14:20~15:50
    (2)06/30(日)16:10~17:40
    (3)06/30(日)18:00~19:30
    東大世界史

    【90分×8回】


    論述問題の重要テーマに今のうちからなれておこう

    世界の一体化が進んでいく姿をしっかりと捉える


    主な学習項目
  • 18世紀までの世界

  • 東大世界史 荒巻 豊志
    講師からの一言
    世界史の見取り図(上巻・中巻)を熟読してテキストの予習にとりかかること。常に苦しむことになる世界史学習において、この範囲で苦しむことは避けねばなりません。しっかり予習しておいてください。
    時間割
    大阪会場
    (1)05/12(日)14:20~15:50
    (2)05/12(日)16:10~17:40
    (3)05/12(日)18:00~19:30
    (4)06/02(日)14:20~15:50
    (5)06/02(日)16:10~17:40
    (6)06/02(日)18:00~19:30
    (7)06/23(日)10:00~11:30
    (8)06/23(日)11:50~13:20
    御茶ノ水会場
    (1)05/20(月)18:00~21:00
    (2)05/27(月)18:00~21:00
    (3)06/10(月)18:00~21:00
    (4)06/17(月)18:00~21:00
    (5)06/24(月)18:00~21:00
    東大地理

    【90分×2回】


    幅の広い高度な知識の修得と地理的思考法の理解

     東大の地理には、世界の地域や国でみられる諸事象(諸現象)に関する幅の広い知識の修得と諸事象(諸現象)に対する地理的な見方と考え方(地理的思考法)の理解が必要です。本講座では、東大・京大・大阪大・新潟大などの過去問と学習の内容に関連した補足資料などを教材に授業を展開します。本講座の主な目標は、次の三点です。一点目は、基礎知識と幅の広い高度な知識の修得であり、高度な知識の修得に基づいた応用力の向上である。二点目は、諸事象(諸現象)の地域的差異や時間的変化を幅広く理解し、その差異や変化の形成理由を正しく説明することのできる力の向上である。三点目は、位置・分布・比較から導きだされる地理的思考法の理解である。二点目と三点目は、本講座を受講することによって、短時間で大きな成果が得られます。


    主な学習項目
  • 1. 人口 
  • 2. 日本の人口

  • 東大地理 高橋 和明
    講師からの一言
    東大地理の特徴は、幅の広い高度な知識を必要とする応用問題が中心であり、東大を含む国公立大学が過去の入試で出題したことのない内容の工夫された問題が出題される点です。東大地理は、基礎的な知識の丸暗記だけでは突破できません。東大地理に必要な力は、幅の広い高度な知識の修得で身に付く応用力、諸事象の分布上の特徴やその形成理由を正しく説明できる考察力、さらに少ない字数で文章をまとめる文章力です。合格のポイントは、出題の狙いを的確につかみ、地理的思考法をベースに解答に必要な知識をまとめることです。論述地理の実力は、幅の広い高度な知識の修得とそれに伴う応用力の向上、さらに地理的思考法の理解で飛躍的に拡大します。
    時間割
    大阪会場
    (1)05/26(日)14:20~15:50
    (2)05/26(日)16:10~17:40
    御茶ノ水会場
    (1)06/02(日)14:20~15:50
    (2)06/02(日)16:10~17:40
    東大日本史

    【90分×2回】


    東大日本史の中世史分野にアプローチする

    この講座で扱う過去問を通して、中世史分野の典型的テーマを把握しましょう。さらに、武家社会の特質や農村社会の構造など、社会経済史の重要テーマについても図解解説をおこないます。提出課題の答案を作成してから授業に臨んでください。引きつづき添削指導をおこないます。


    主な学習項目
  • 1. 鎌倉幕府・室町幕府の構造 
  • 2. 商業・貨幣経済の発達、民衆の台頭

  • 東大日本史 山中 裕典
    講師からの一言
    皆さんは、既に新年度プレ講座や第Ⅰ期講座を経験し、東大日本史の傾向や解法などを把握しているはずです。これからの学習では、各時代の特徴を的確に理解したうえで、論述式問題の演習を通じてその理解を使いこなせるようにしていくことが大切です。入試本番までの道のりは長いように見えて、意外と短い。焦らず着実に、日々の学習を積み重ねましょう。
    時間割
    御茶ノ水会場
    (1)06/02(日)10:00~11:30
    (2)06/02(日)11:50~13:20
    大阪会場
    (1)06/30(日)14:20~15:50
    (2)06/30(日)16:10~17:40
    表示:スマートフォン版│PC版